月別: 2017年8月

鉄は熱いうちに打て

航空会社等に就職することを考えるとまだまだ難関はいろいろとありますが、個人の趣味としてフライトを楽しむことを実現したいというのなら、普通自動車第一種免許にあたる、自家用操縦士免許取得で充分です。ヘリコプターの操縦免許取得は、ヘリの自家用も取得する必要があります。ここには固定翼限定であり、商用の飛行が出来ないなどの制限がありますが、間違いなくみなさんは、晴れて飛行機の操縦士、機長となることが出来ます。

自家用機を所有して、自分自身の力で飛行機を飛ばすって一体どんな感じなのでしょうか。本当に人生に一度はそんな体験をしてみたいと思っている人たちも多くいらっしゃるはずです。夢は実現させるために存在しているのではないでしょうか。

飛行機はさすがに高くて買えないという方もいらっしゃるでしょうけど、買えないという人たちもあきらめる必要はありません。1つの機体を数人で共同で所有して費用を軽減するという方法なども見つけることが出来ますし、フライトクラブに所属しレンタルするという方法もあります。何よりも先に、操縦免許取得について考えてみてはいかがでしょうか。やっぱり「鉄は熱いうちに打て」の精神で向かって行きましょう。

<参照HP>https://alphaaviation.aero/ja/
飛行機免許取得のできる《Alpha Aviation》です。

飛行機の操縦士になる

今飛行機の操縦士になりたい思っている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。現代社会のみなさんに目指していただきたい免許取得は、自家用ヘリコプター免許、自家用飛行機免許取得です。 飛行機の自家用操縦の免許取得のメリットとして、このような免許取得をしていれば教官なしであなた自身の判断と操縦で自由にフライトをすることが出来ることです。そこにはみなさんが普段利用している飛行機とはまた違った未知なる魅力の風景が飛び込んで来るでしょう。

そもそも、みなさんは、飛行機の操縦なんて出来るなんて今まで想像だにしてなかったのかもしれないですよね。人間はやればなんだって出来るのです。本当にはじめて空に飛び立つ瞬間はなんと幸せと感動に満ち満ちた時間でしょうか。

そんなことは出来る筈はない……と思っている人たちも当然いらっしゃるでしょうけど、そのような人たちも既に運転免許証を取得しているのではないでしょうか。操縦の免許取得も運転免許証のほぼ延長線上に存在しているものと考えていいです。運転免許証を取得した人たちなら、決してヘリコプター・飛行機の操縦も夢なんかではありません。

自家用操縦は自動車でいうところの「普通自動車第一種免許」にあたるものと考えていいでしょう。 いろいろな誤解があるのでしょうかけど、このライセンスだけでは航空会社等に就職することが出来るということではありませんので、もしもあなたが航空会社でパイロットになりたいというのなら、まだ他の難関はあります。しかし自家用操縦は比較的簡単なジャンルとして考えることが出来ます。