個人オーナーになる

みなさんが、固定翼自家用操縦士取得をしたいというのなら、総飛行時間が40時間以上単独(ソロ)飛行、10時間以上などと言った 飛行時間に関する要件を満す必要があります

海外で取得して日本の免許に書き換える方法など取っている人たちもいるのではないでしょうか。とにかく、みなさんが夢を実現するためにしなければならないのは訓練です。

プロを目指す方はプロ資格を見越した資格の取得方法を考えていかなければなりません。旅行やビジネスでジャンボジェット機に乗ったという人たちも多くいるでしょう。しかし、飛行機というのは、そのようなものだけを言うのではありません。飛行機の種類として、小型飛行機があります。

国際線、国内線の旅客機が使用している大きな空港というのではなくて、すこし小さい空港があり、そのような場所では車で使われるエンジンと基本的には同じ構造をしているレシプロエンジンを積んだ、定員が10名以下レベルの、小型飛行機という存在があります。

小型飛行機は様々な用途があり、航空会社で旅客輸送以外、航空測量、空撮、宣伝飛行、遊覧飛行と言ったシーンに利用されているケースもありますが、それとは別に全くのプライベートで使われている飛行機も多くあります。あなたもそのような飛行機の個人オーナーになることが出来ます。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket